ギザ10ってなんなん?売ったらいくら?気になったので調べてみた。

雑記

 

さっき夜ご飯を食べて、支払いをしたらこいつを手に入れました↓

ギザ10!!

 

これたまにゲットするとまあまあテンション上がりますよね!笑

 

てことでいい機会なので、ギザ10について調べてみました。

 

ギザ10ってなに??

「ギザ1」0はその名の通り10円の側面がギザギザになってる10円のことですよね。

 

このギザ10はいつ作られたものなのかっていうと、昭和26〜33年までのわずか7年間しか製造されていないものみたいです。

 

7年間はずっとギザ10だったんですね〜

それ以降は全く発行されてない。

 

だからレアなんですね〜

 

売ったらいくらになるの?査定額は?

で、このギザ10売ったらいくらになるんだって話ですよね?

 

別のサイトの記事で査定額が書かれてました。

こんな感じ↓

発行年/枚数 査定額
(未使用)
査定額
(使用済)
1951(昭和26)年
1億106万枚
約60,000円 約15円
1952(昭和27)年
1億8,663万枚
約18,000円 約11円
1953(昭和28)年
4億6,630万枚
約18,000円 約12円
1954(昭和29)年
5億2,090万枚
約18,000円 約11円
1955(昭和30)年
1億2,310万枚
約25,000円 約15円
1956(昭和31)年
製造なし
1957(昭和32)年
5,000万枚
約40,000円 約25円
1958(昭和33)年
2,500万枚
約50,000円 約70円

最高額はなんと6万!

やばっ!

 

6000倍っすよ。

6000倍。

 

もう普通に売りますよね。

けど「未使用ものに限る」ってやつみたいです。

まとめ

僕が今日手に入れたのは「昭和29年」の10円でした。

ってことは、査定額は11円!

 

最低だー笑

 

ついてなっ!笑

またねっ

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply