為替ってなに?為替レートとの違いは?意味をわかりやすく解説するよ!

投資・資産運用
SBI FXトレード

 

「本日の外国為替市場は1ドル112.31円から112.32で取引されています。」

 

テレビでニュースとかを見ているとたまにこんな言葉が出てきますよね〜

 

為替(かわせ)ってなんなん?

わからんからスルーしとこ。

 

みたいな方が多いかもですね

僕も昔は難しそうで意味わからんかったので完全にスルーしてました。

 

けど、わかっちゃうとけっこう簡単です!

てことで、今回は為替について説明していきますね!

 

為替とは?

さっそく結論から言っちゃいます。

 

為替とは

現金を使わないで支払いをすること

です。

 

えっ?

イメージしてたのとちょっと違う。

って感じですよね。

 

例えば、クレジットカードやポイントカードでの支払いとか、ゲーム内のコインとか石とかに変えるのも実は為替だったりします。

意外と身近ですよね。

 

そんな感じで、実は為替には2種類あって、

一つは今言ったやつで、国内で取引される為替を「内国為替(ないこくかわせ)」っていいます。

 

で、もう一つが「外国為替(がいこくかわせ)」ってやつ。

これが一般的にイメージされている為替ですよね。

 

こっちの為替(外国為替)は

「他の国とお金(通貨)を交換すること」

です。

 

これだけです。

簡単でしょ!

 

てことで終わり!

またねっ

 

、、、

 

 

っていうのも雑すぎるので、もうちょっと深掘りしていきますね。

 

例を挙げてみる

えっと、じゃあわかりやすいように例をあげていきましょー

 

例えば、海外旅行にいくとしましょう。

じゃあ今回は常夏の楽園ハワイで!

 

さあ成田(羽田)空港から出発して、飛行機に揺られること7時間。

ハワイに到着しました!

 

わくわく( ^ω^ )

 

到着するやいなや「あ、お金交換してない。」ってことに気づきました。

 

やべーですね。

 

ハワイでご飯を食べたり、お土産を買ったりするとき、強行突破して日本円で払おうとしますか?

 

あほか。

ですよね

 

そんなわけで、ハワイで買い物とかアクティビティを楽しみたいなら、日本の円をアメリカのドルに交換しなきゃです。

 

空港とかホテルとか銀行とかで両替をするってやつです。

 

これが為替のひとつです。

 

もうちょっと詳しく

そんな感じで今の例では、日本円をアメリカドルに交換しましたよね。

 

これをちょっと難しく言うと

日本円を売ってアメリカドルを買った

ということになるんです。

 

逆にハワイから日本に戻ったら、アメリカドルは使えなくなるので、円に交換しますよね?

 

こっちは

アメリカドルを売って日本円を買った

とことですよね。

 

そんな感じ、まとめると

違う国とお金を交換すること!

これが為替です!

 

 

為替レートって?

なんとなく為替について理解できてきたんじゃないですかね。

 

さっきの例だと、日本円をアメリカドルに交換しました。

けど、これって何を基準に交換したんでしょうか?

 

この基準を決めてるのが

為替レート

ってやつです。

 

冒頭に書いた

「本日の外国為替市場は1ドル112.31円から112.32で取引されています。」

みたいなよくニュースとかで流れてるやつ。

 

この1ドル112.31円とかいうのが今の基準です。

これだと1ドルは112円で買える(交換できる)ってことです。

 

で、この為替レートは日々動いていて、常に変わるんです。

 

「あれ、この前は110円で変えたのに、今回は115円もかかるのか」

みたいな感じになったりもします。

 

この変動は、経済指標だったり、政策金利だったり政治情勢とか色んなものに影響を受けて変わってくるんです。

 

ややこしい。

 

そしてこれは円安・円高の話が関わってきます。

またよくわからん言葉が出てきましたね〜

 

これは別の記事に書いてるのでこっちを読んでみてください!

「円高」と「円安」ってなに?わかりやすく説明!

 

まとめ

なんとなくイメージできましたかねー

 

いちおう最後にもう一回まとめると

 

為替とは「他の国とお金(通貨)を交換すること」

為替レートは「お金(通貨)を交換するときの基準」

 

です!

 

じゃあまたー

 

SBI FXトレード

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply