FXの証拠金ってなに?わかりやすく説明!【2種類ある】

投資・資産運用
SBI FXトレード

 

「FXを始めよう!」ってなって口座開設とかを始めると「証拠金」という言葉を目にするようになりますよね。

 

ということで、今回はそんな「証拠金」の話です。

さっそくいきましょー。

 

証拠金とは?

結論からいっちゃいます。

 

証拠金とは、簡単に言うと

「担保になるお金」

のことです。

 

例えば、証券口座に10万円を入れたら、その10万円が担保になって実際の取引ができるようになります。

 

そんな感じで、証券会社でFXの取引をするために、いくらか担保になるお金を入れることによってできるのがFX。

「外国為替証拠金取引」という名前の通りですね。

 

 

2種類の証拠金

で、証拠金には2種類あって、それが

「預かり証拠金」

「必要証拠金」

というものです。

 

順番にみていきましょー。

 

1.預かり証拠金

まずは「預かり証拠金」のほうから。

 

「預かり証拠金」は、投資家がFX会社に対して預けているお金のことで、言い換えると「FX口座に入ってる資産の総残高」です。

 

例えば、FXの口座に入っているのが10万円だったら、預かり証拠金は10万円ってことです。

 

預かり証拠金っていう名前は、FX会社によってちょっと違ったりはしますが、そんな感じです。

 

2.必要証拠金

続いて、「必要証拠金」

たぶんFXで一般的に言われてる証拠金はこっちのほうだと思います。

 

「必要証拠金」というのは、取引をするときに必要になってくる(担保になる)お金のことです。

 

例えば、「米ドル/円」が「1ドル=100円」だったときに1万通貨分の取引をするとします。

このときに必要になるのは、日本円だと100万円(100円×1万通貨)ですよね。

 

けど、FXには「レバレッジ」という仕組みがあるので、実際は100万円を持っていなくても取引ができちゃいます。

 

レバレッジについてはこっち↓の記事で!

FXのレバレッジってなに?【最大は25倍?1000倍?】

 

日本だと最大のレバレッジが25倍なので、その場合は「4万円(100万円÷25倍)で取引ができます。

この4万円というのが、必要証拠金です!

 

レバレッジをかけないならそのまま100万円。

レバレッジ10倍なら10万円といった感じです。

 

あと、必要証拠金はレートによって計算されるので、

「米ドル/円」が「1ドル=110円」のときに1万通貨を取引したいってなったら

レバレッジ25倍で必要証拠金は「44000円」なるみたいな感じです。

 

ちなみにこっちも言い方はいくつかあって、たまに「取引証拠金」と呼ばれることもあるみたいです。

 

まとめ

てことで、今回は証拠金についての話でしたー

なんとなくイメージは掴めたんじゃないかと思います。

 

預かり証拠金も必要証拠金も大事なワードなので覚ときましょー

じゃあまた〜

 

SBI FXトレード

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply