【FX】スワップポイントってなに?わかりやすく解説するよ!

投資・資産運用
SBI FXトレード

 

FXをやってると、スワップで稼ぐみたいな話聞きますよね。

 

スワップは不労所得だとか、毎日入ってくるお金だとか言われますけど、FXを始めたばかりの人はなんとなく、仕組みがよくわからないみたいな人もいると思います。

 

てことで、今回はそんなスワップポイントの話をしていきますね!

似たような言葉のスプレッド(Spread)じゃなくて、スワップ(Swap)のほうですよ〜

 

では、さっそくいきましょー

 

スワップポイントとは?

スワップポイントは超簡単に言うと、FXの利息(金利)のことです。

(「スワップ」とか「スワップ金利」とも言ったりします)

もう難しくいうと、異なる2通貨間の金利差です。

 

世界には金利が高い国と、低い国があるので、その通貨同士の金利差によってスワップポイントが生まれるという仕組みです。

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うと、その通貨同士の金利差分が利益となって入ってきます。

 

このスワップポイントは国同士の金利差が大きければ大きいほど、もらえる額大きくなります。

スワップが大きいところで有名なのは、トルコリラ/円とかオーストラリア/円とかですね。

 

で、このスワップは毎日もらえるので、その通貨をずっと持って入れば、継続的に毎日お金が入ってくるという、小さな不労所得を実現することができます。

 

各通貨のスワップポイント一覧(毎日いくら?)

では、それぞれの通貨でスワップはどれだけもらえるのでしょうか?

 

これは通貨ペアによってけっこう違うので、僕がいつも取引をしてるSBIFXトレードのポイントをまとめてみました。

 

<各通貨のスワップポイント>

USD / JPY 80 -81
EUR / JPY -8 6
GBP / JPY 29 -31
AUD / JPY 45 -47
NZD / JPY 29 -31
CAD / JPY 42 -44
CHF / JPY -17 16
ZAR / JPY 12 -13
TRY / JPY 102 -108
CNH / JPY 5 -8
KRW / JPY 5 -9
HKD / JPY 5 -6
EUR / USD -98 100
GBP / USD -69 67
AUD / USD -10 8
NZD / USD -24 20
USD / CAD 16 -21
USD / CHF 97 -102
EUR / GBP -39 36
EUR / AUD -86 83
EUR / NZD -63 58
EUR / CHF -13 8
GBP / AUD -51 48
GBP / CHF 56 -61
AUD / NZD 6 -11
AUD / CHF 58 -62

 

2019年2月8日(金)時点。

1万通貨を取引したときのスワップポイントです。

※金曜でポイントが2日分もらえる通貨は、わかりやすいように1日分として計算しています。

 

 

スワップで気をつけること

上の表で買いたとおり、スワップは各通貨でその金額も違ったり、買いか売りかでもプラスになったりマイナスになったりします。

なので、スワップで儲けたいという人は、しっかり自分が取引したい通貨ペアのスワップをしっかり見てから取引しましょう。

 

あとはスワップが高い通貨ペアは、金利差が高いのでちょっと危険なところもあります。

 

例えば、トルコリラ/円とかは、かなりスワップが高くて、1万通貨持ってたら毎日100円が入ってきて、1ヶ月で3000円、1年間だと36000円も自動的に入ってきます。

 

これはかなり魅力的です。

けど。

金利が高いということは、その国の経済があまり安定していないということを示しています。

なので、いくらスワップが高くても、通貨自体の価値が下がって合計の損益がマイナスになったり、最悪のケースだと通貨自体の価値がゼロになって、せっかく口座に入れていたお金がなくなるという可能性もなくはないです。

 

なので、その辺はしっかり考えたうえで、スワップがいい通貨ペア(例えば、オーストラリア/円とか)で取引するのがいいと思います。

 

まとめ

てことで、今回はスワップポイントについてでした!

 

ちゃんと考えて取引をしてれば、全く問題ないですけど、なんとなく取引してたら知らない間にマイナスが増えてた!

みたいなこともあるので、しっかり自分のポジションを把握してこれからやっていきましょー

 

じゃあまた〜

 

SBI FXトレード

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply