南千住の紅茶専門カフェ『Cafe Shukran』に行ってみた【東京カフェ巡り②】

グルメ 散歩

 

東京カフェ巡り〜

 

今日は南千住にある「Cafe Shukran」という紅茶専門のカフェに行ってきました!

場所は南千住の駅から歩いて1,2分くらい、小さな路地のところにありました。

 

お店の名前の「Shukran」はアラビア語で「ありがとう」という意味みたいです。

いい名前ですね〜

 

Cafe Shukranの基本情報

てことで、まずは基本情報を!

 

JR常磐線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスの「南千住」駅から歩いて1,2分くらいのところにあります。

お店はこの階段を登って2Fにあります。

営業時間は11:30〜17:00。

定休日は毎週火曜日と第1、3、5の水曜日です。

 

 

お店の雰囲気

店内は、木目を基調とした椅子や机が並んでいて、

ソファー席にはクッションが置いてあって、リラックスできる暖かい雰囲気です。

座席数は14席ほど。

大きな窓から差し込む光が心地よかったですね〜

テラス席もありました。

春や夏は気持ち良さそうですね!

 

紅茶を頼んでみた

せっかくなので紅茶を頼んでみました。

 

頼んだのはアッサム。

インドの北東部(ブータンとバングラディッシュに挟まれたとこ)産の紅茶ですね。

 

のんびりした音楽を聴きながら飲む入れたての紅茶は素敵でした。

あんまり詳しくないのでわからないですが、なんとなく香りがいい気がしました!

 

ちなみに、このお店の紅茶は

ダージリンティーで有名なインドの紅茶から、中国、台湾、そして日本の紅茶まで。

そして、カモミールやルイボスティーなどのハーブティ、

アールグレイなどのフレーバードティ。

他にもチャイや抹茶ラテ、アレンジティなど豊富な種類の紅茶が用意されています。

 

ランチでは、お茶で炊いたご飯を中心としたご膳プレートや3種豆のバターチキンカレー、

スイーツは、紅茶のワッフルや自家製のスコーンなどがメニューにありました。

 

まとめ

南千住にある隠れ家的なカフェ「Cafe Shukran」。

 

個人的には、テラス席からの優しい日差しと流れる音楽がすごく心地よかったですね〜

2Fにあるっていうもがまたいいですね。

日当たりの良さは抜群でした。

 

もし近くに寄る機会があったら、ふらっと立ち寄ってみてください。

日によっては紅茶教室もやってるみたいですよー

 

じゃあまた〜

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply