初心者向けに『大富豪』のやり方とルールをまとめてみた【王道+ローカルルールなし】

ゲーム

 

この前、久しぶりに大富豪をやりました!

いやー大富豪楽しいですね!

半日くらいずっとやってました笑

 

で、その中で色んなローカルルールってやつが出てくるんですよね。

普通に王道な8切りとか、イレブンバックから始まり、砂嵐とか救急車とか、、、

 

もはや全部採用してたらカオスです。。

 

てことで、今日はそんな「大富豪のローカルルールを全部まとめてみた!」っていうのをやろうと思ったんですけど、もうめちゃくちゃありすぎたので、まずは初心者でも楽しめるくらいの基本的なルール+αをまとめてみようと思います!

 

初心者はまずこれをやっていきましょー

(また今度ローカルルールをあるだけ全部まとめます!)

 

大富豪の基本ルール

大富豪は簡単にいうと

「人数分にカードを均等に分けて、カードがなくなったら勝ち!」

ていうゲームですね。

 

カードの強さは、

「(強)ジョーカー、2、A、K、Q、J、、、、、5、4、3(弱)」

ていう順です。

 

2が一番強くて、その次はエース、絵柄、あとは数字の大きい順ですね。

で、ジョーカーが最強って感じです。

 

出し方はいろいろあって、

・普通に1枚出す(これが基本)

・同じ数字で2、3、4枚出す

・数字を並べて、一気に出す(”階段”ってやつ)

とかです。

 

例えば、

最初の人が、場に「3」を1枚出したら、「4」以上のカードを1枚だせます。

で、次の人が「5」を出したら、その次の人が「6」以上が出せて、出せる人がいなくなったら、そのターンは終了で、次のターンは最後にカードを出した人から開始。

 

2枚のときも同じで、7が2枚だったら、8が2枚以上のペアが出せる。

3枚、4枚のも一緒です。

 

これをずっーとやって、手札がなくなった人は上がりになる感じです。

 

称号について

で、大富豪には上がった順に称号っていうのがあって、最初に上がった人が”大富豪”、ビリが”大貧民”と呼ばれるよーになります。

 

いちおう並べると↓

《称号》

大富豪

富豪

平民

貧民

大貧民

5人だったらこれで、人数が多かったら「平民」が増えるって感じです。

カード交換のルール

で、ゲームが2回目以降になると、

ゲームの開始前に、カード交換っていうルールがあります。

 

これが、さっきの称号によって交換する枚数が違って、ルールと枚数はこんな感じ

 

・大富豪⇔大貧民

お互いに手札から、カードを2枚交換します。

大富豪は大貧民に一番弱いカード(自分がいらないと思うカードでもOK)を

大貧民は大富豪に一番強いカード(ルール上一番強いやつ)を

2枚ずつ交換します。

 

・富豪⇔貧民

こっちは1枚交換です。

大富豪は大貧民に一番弱いカード(自分がいらないと思うカードでもOK)を

大貧民は大富豪に一番強いカード(ルール上一番強いやつ)を

1枚ずつ交換します。

 

平民は交換なしです。

 

 

メインルール(5大ルール+2)

じゃあ、ルールをまとめていきますね。

 

まずは、だいたいの人が知ってる有名ルールから。

初心者はまずこれでやってみましょー

1.8切り(やぎり)

条件:「8」を出す

効果:場が流れて、次のターンは自分から始まる。

 

「やぎり」とか「はちきり」とか言われる強力カードです。

 

2.11バック(いれぶんばっく)

条件:「11」を出す

効果:カード(11)を出してから、1ターンの間(場が流れるまで)のみカードの強弱が逆転する。

 

通称「イレブンバック」ってやつです。

手持ちが弱い時に役立ちますね〜

 

3.スペ3(すぺさん)

条件:ジョーカーが出た時に「スペードの3」を出す

効果:ジョーカーのあとに「スペードの3」を出すと、場を流すことができる。

 

逆転の切り札!

遊戯王でいう「避雷針」てきな感じです。

(禁止カードじゃないです。)

 

これを出せるとだいぶ気持ちいですね!

 

4.革命

条件:同じ数字のカードを「4枚」出す。

効果:ゲーム終了まで、カードの強弱が入れ替わる。

 

名前のとおり、まさに「革命」です。

ゲーム中の強弱が真逆になります。

 

手札が弱いときにこれが来ると最高ですね!

 

5.スート縛り

条件:同じマークを続けて、場に出す。

効果:直前に出されたカードと同じスートのカードが続けて出されたとき、そのターンが終わるまで、同じスートしか出せなくなる。

 

地味に強い技です。

これをやられるとやりずらくなりますね〜

 

けど、逆にやりかたによっては、そのターンを自分でコントロールできるようになるかも!

 

α.反則あがり

条件:特別な効果を持つカードを出したら、負けになる

効果:ジョーカー、2(革命時の3)、8切り、スペ3、イレブン11など特別な効果を持つカードを出してあがると負ける。

 

これは気をつけたいルールですね。

せっかくあがれるのに最後に持ってるのが、特殊なカードだと負けちゃう。

なので、枚数が少なくなったら注意しましょー

 

β.都落ち

条件:「大富豪」が次のゲームで負けると、「大貧民」に降格する。

効果:直前のゲームで、大富豪になった人が次のゲームで負けると、一気に称号が大貧民になる。

 

大富豪はカード交換で強いカードを持ってるから、勝つのは当然っしょ!っていうことを適用したルール。

なかなか残酷です。

 

ということでメインルールはこんな感じです。

ちなみに、この中で「8切り、スペ3、革命、スート縛り、都落ち」は「日本大富豪連盟」ってとこの公式5大ルールみたいです。

 

 

+αの王道ルール

続いて、+αのけっこう王道なルールを!

まあまあ有名どこで、これを入れるともっと楽しくなると思います。

 

もしかしたらこれもローカルルールになっちゃうのかもですけど、メインルールに慣れてきたらこっちも入れてやってみてください!

 

5飛び(ごとび)

条件:「5」を出すと次の人を飛ばせる。

効果:隣の人を飛ばして、隣の隣の人のターンになる。

 

「UNO」のスキップみたいな技です。

5スキップとも言わたり、地味にこまる技ですね〜

スキップで自分に戻ってきたら、場を流せるので、8切り的な感じでも使えますね!

2枚出したときに、「2人分飛ばす」のか「2回スキップする(4人のときは自分に戻る)」かどうかは微妙なとこなので、話し合って決めましょー

 

7渡し(ななわたし)

条件:「7」を出すと隣の人にカードを渡せる。

効果:出した「7」の枚数分だけ、いらないカードを隣の人(次の順番の人)に渡せる。

 

7をだしたら、隣の人(次の番の人)に出した枚数だけ渡せるってやつです。

これもけっこう強いです。

 

7渡しで上がるのがけっこうおすすめなやり方ですね!

 

9リバース(ないんりばーす)

条件:「9」を出すと回り方が逆になる。

効果:時計回りでゲームが進んでたら、そのターンだけ反時計回りになる。

 

これは書いた通りです。

9を出したら1ターンだけ反対周りになるってやつです。

 

まあまあ邪魔くさいかもですけど、次の人に回したくないとかだったら使うのも得策かもしれません。

 

10捨て(じゅっすて)

条件:「10」を出すとカードを捨てられる。

効果:出した「10」の枚数分だけ、いらないカードを捨てられる。

 

10捨ては7渡しの捨てる版ですね。

10を出した枚数分だけ捨てられる。

 

いらんカードを持ってるとき、手札を無くしたいときに効果的!

10捨て上がりも使えます。

 

階段(シークエンス)

条件:マークが同じで3枚以上連続したカードを一緒に出す。

効果:次に人は階段で出されたカード(セット)より強い数字で、階段になるようにしか出せない。

 

例えば、最初の人が「345」の3枚を連続でだしたら、次の人は「678」以上の3枚をださなきゃいけないってことです。

スートは関係ないです。

 

4枚でこられたら4枚で対処、5枚できたら5枚で対処です!

けっこう強いですね!

 

まとめ

初心者向けはこんなもんですかね〜

他のローカルルールはまだまだあります、、!!

 

ほんとわけわからんのもあったり。。

それはまた今度がっつりまとめます!笑

 

乞うご期待って感じで、じゃあまた!

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply