『とんがり帽子のアトリエ』魔法の仕組み&魔材をまとめてみた。

まんが

 

どうも日曜のスイカです。

 

今日は「とんがり帽子のアトリエ」の魔法のしくみと魔材についてまとめてみます!

「とんがり帽子のアトリエ」の魅力を全力で語った記事はこちら↓

『とんがり帽子のアトリエ』が最高すぎたので、魅力を全力で語ってみた。

 

魔法のしくみ

魔法は3つの要素で構成されています。

 

<魔法の3要素>

「紋」

中央に描かれる記号のこと。

紋の種類により、炎・水・光・風・・・とどんな魔法になるかが決まる。

「矢」

紋の周りに描かれる線のこと。

魔法の形・大きさ・方向を決める。

「陣」

紋と矢を囲う円のこと。

紋と矢を円で囲うことで魔法が発現する。

 

魔材

魔材は魔法を描く道具のことです。

5つの魔材があります。

 

魔描の杖

いわゆる普通のつけペン。

魔墨をつけて使う。

ペン先は頻繁に交換する。

 

樹血の杖

「樹血」を固めたもの。

木や石に直接描くのに適しているがこすると消えてしまう。

 

魔墨

「樹血」という特殊な墨で作ったインク。

これ以外の墨では魔法は発動しない。

 

魔材すりばち

特殊な魔法を描くときに魔墨に混ぜる材料をすりつぶすのに使う。

 

魔円手帳

手の平にはめて使える魔法陣用の手帳。

隠れてこっそり描きたいときに便利。

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply