九州一周5泊6日のモデルプランを考えて実行してみたので紹介するよ!

日本旅行

 

どーもスイカです!

 

今回は長期休暇で九州一周をしよーかなと考えている人向けの記事です。

実際に僕がゴールデンウィークで九州一周をした体験を元に書いていくので、よかったら参考にしてみてください!

 

体験記はこちら↓

「本州横断×九州一周」の旅行記を全部まとめてみた!【9泊10日】

 

 

九州一周 5泊6日 モデルプラン

九州は意外といびつな形をしているので、どこから行こうか迷うと思いますが、長崎がちょっと入り組んでるってこともあるので、長崎からスタートして、福岡でフィニッシュするのが一番スムーズかなと思います!

 

ということで

「長崎→佐賀→熊本→鹿児島→宮崎→大分→福岡」

という順番でプランを組んでみました!

  • 1日目:長崎
  • 2日目:長崎→佐賀→熊本
  • 3日目:熊本→鹿児島
  • 4日目:鹿児島→宮崎→大分
  • 5日目:大分→福岡
  • 6日目:福岡

超凝縮して詰め込んだプランです!

 

1日目 長崎

まず1日目は長崎県です。

長崎県でのプランはこんな感じ↓

11時長崎空港到着
レンタカーを借りて長崎市内へ
12時長崎ちゃんぽん
13時グラバー園・出島・眼鏡橋
15時おしゃれなカフェ(HafH)でほっと一息
18時ハウステンボス(アフター6)
ホテルへ

長崎県に行くのは飛行機がいいんじゃないかなと思います。

 

大村市にある長崎空港に着いたら、レンタカーを借りましょう。

九州1周はレンタカー必須です!

 

空港には

  • タイムズレンタカー
  • 日産レンタカー
  • オリックスレンタカー

があるので、事前に予約してそこで借りればOKです。

 

借りれたら長崎市内へ!

 

長崎市内では有名な観光スポット巡りがいいんじゃないかな~と思います。

グラバー園に行って、出島行って

チャンポンをはさんで、メガネ橋へ。

そのあとはめがね橋の近くにある、『HafH』というおしゃれなカフェでほっと一息。

 

『HAFH NAGASAKI SAI』に行ってみたら、粋な計らいに感動した。。

『HAFH』で泊まった宿の体験談を全部まとめてみた!

 

そして、車を走らせてハウステンボスのアフター6を堪能!

 

1日目はこんな感じです。

 

2日目 長崎→佐賀→熊本

2日目は長崎を出て佐賀県を通り、一気に熊本まで行っちゃいます。

8時起床→ホテルチェックアウト
(佐世保市へ移動)
10時佐世保バーガーを堪能
(佐賀県へ移動)
13時吉野ヶ里公園+昼食
(熊本へ移動)
17時スイカの里(道の駅)でスイカの食べ比べ
19時馬刺しを堪能
ホテルへ

まずは車を走らせて、佐世保市へ。

ここで、ちょっと遅めの朝ごはん『佐世保バーガー』を堪能しましょー。

佐世保バーガー初心者は『BigMan』という元祖佐世保バーガーがおすすめ!

 

佐世保バーガーを堪能したら次は、佐賀県へ!

吉野ヶ里遺跡で、弥生時代の暮らしを体験してみましょー。

弥生時代のご飯も食べれるので、行ったらぜひ!

 

そのあとは熊本へ移動です。

熊本に入ると『スイカの里』という道の駅があるので、スイカを堪能しまくるのもおすすめです。

スイカの食べ比べ(試食)ができたり、スイカのアイス、スイカのラムネとか、スイカに関するものがこれでもか!ってくらいあります。

スイカ好きにはたまりません!

そして、1日の最後に「馬刺し」を堪能して、この日はおわりです。

 

3日目 熊本→鹿児島

3日目は熊本から鹿児島へ向かいます!

8時起床→チェックアウト
8時半「熊本城」で歴史に触れる
9時『パン・オ・ルヴァン』で朝食
11時阿蘇市内を散策
13時草千里ヶ原でピクニック+お弁当
(鹿児島へ移動)
18時鹿児島産の黒豚しゃぶしゃぶを堪能
20時桜島が見える絶景温泉で疲れを癒す
ホテルへ

まずはホテルをでたら熊本城で歴史に触れ、そのあとは『パン・オ・ルヴァン』というパン屋さんでモーニングです。

このお店のモーニングは850円で焼きたてのパンを食べ放題+スープとサラダが付いてきます。

 

パンでお腹を満たせたら、阿蘇へ!

阿蘇の街をのんびりとぶらぶらしながら、「あか牛」のお弁当を創業100年の老舗『いまきん食堂』で買って、阿蘇山・草千里ヶ原へ。

視界一面の緑が絶景の丘でピクニックをしながら、絶品のお弁当を食べるのは最高です!

阿蘇を満喫したら、次は鹿児島へ向かいます。

鹿児島に着いたらもう夜になってると思うので、夜ご飯を食べちゃいましょー。

夜ご飯は本場鹿児島の黒豚が味わえるしゃぶしゃぶ+鹿児島の郷土料理を楽しめるお店がおすすめです!

 

そして、お腹いっぱいになったら、ちょっと贅沢して、鹿児島の夜景が一望できる『城山ホテル』の温泉で、旅や日々の疲れを癒しましょう。

 

4日目 鹿児島→宮崎→大分

4日目は、鹿児島から宮崎を通って、大分まで行きます!

8時起床→チェックアウト
9時昔ながらの喫茶店でモーニング+白くまアイスを堪能
(桜島の見える海沿いをドライブしながら宮崎県へ)
11時高千穂牧場で動物と戯れる+ソフトクリーム
14時宮崎うどん+南国プリンを堪能
(延岡市へ移動)
17時タルタルソースのない元祖チキン南蛮を堪能(直ちゃん)
(大分県へ移動)
19時ホテルへ
別府温泉に浸かる

まず朝は桜島が一望できる、城山展望台からスタート!

モーニングは昔ながらの喫茶店『紙風船』で、トーストとサラダと目玉焼きのモーニングセット。

 

食後に本場の白くまアイスを朝から食べちゃいましょー。

朝ごはんが終わったら、桜島が見える海沿いのドライブコースを進みながら鹿児島の高千穂へ向かいます!

高千穂牧場は、入園料が無料なので、気軽に動物と触れ合えます。(くさいのだけは我慢してください笑)

けっこう高台にあって、高千穂岳が見える丘からの景色は最高です。

あとは、牧場のソフトクリームも絶品ですよー!

 

牧場の次は宮崎市内へ!

昼ごはんは宮崎の隠れグルメ『宮崎うどん』と

食後に『南国プリン』を!

 

昼ごはんが終わったら、ちらっと日向サンパークに寄って海風を感じて、近くの道の駅で、地元名産の『日向夏』と『マンゴー』を買うのもありですね!

 

そのあとはチキン南蛮を食べるべく、延岡市へ!

お店の名前は『直ちゃん』。

延岡駅から歩いて3分くらいのところにあって、元祖チキン南蛮が食べられます。

こそチキン南蛮は、タルタルソースがかかってなくて、味が柔らかい衣に染み込んでいます。

初めて食べた感じで、超おいしかったです!

リピート必至です!

そのあとは延岡駅の綺麗な夜景を見つつ、大分の別府へ!

 

別府の宿に着いたら温泉に浸ってから、ゆっくり休みましょー

 

5日目 大分→福岡

5日目は大分で温泉を満喫して、九州一周旅行最後地、福岡へ向かいます!

8時起床→チェックアウト
だんご汁定食で朝ごはん
10時別府地獄巡り
(湯布院へ移動)
14時「由布まぶし」を堪能
湯布院の街を散策
16時『天井桟敷』で優雅な一時を
17時温泉『束の間』
(福岡県へ移動)
福岡県博多市着→ホテルへ
「鳥の水炊き鍋」で夕食

5日目はだんご汁を食べてスタートです。

朝ごはんを食べたら、別府と言ったらこれでしょ!という「別府地獄巡り」をしてみましょー

7個の地獄温泉

  • 海地獄
  • 鬼石坊主地獄
  • かまど地獄
  • 鬼山地獄
  • 白池地獄
  • 血の池地獄
  • 龍巻地獄

それぞれ特徴があって面白いです!

ここは別府に行ったら絶対いっておくべきです!

 

別府温泉を満喫したら、次の温泉地「湯布院」へ向かいましょー

湯布院は別府とはまた違って落ち着いてていい感じです。

昼ごはんは名物の(由布まぶし)を食べるのがおすすめです!

ちょっと値段がしますが、絶品なのでぜひ!

 

そのあとは湯布院の街をぶらぶら散策して、とり天を食べたり、コロッケを食べたり、ケーゼクーヘンを食べたり(食べてばっか笑)して、『天井桟敷』に行くのがおすすめです!

『天井桟敷』は上品で優雅で、ゆったり非日常なひとときを過ごせると思います!

そのあと湯布院の最後に『束の間』という温泉で湯布院の風を感じながら、身体を癒しましょー。

そして、福岡に着いたら、今日は色々食べたと思うので、お腹に優しそうな「水炊き」を食べて1日を終えましょう。

おすすめは『濱田屋』です。

接客が素晴らしくて、コスパも最強です。

 

6日目 福岡

最終日は福岡です!

9時起床→チェックアウト
10時『牧のうどん』を嗜む
博多の街を散策
12時「博多らーめん」を堪能
(福岡空港へ移動)
帰路へ

ラスト福岡ではグルメを満喫しましょうか!

 

まず、朝は博多のグルメ『牧のうどん』を!

牧のうどんは、Webとかアニメにも登場するくらい有名で、柔らかい麺と濃いダシと肉のマッチングが最高です。

 

そのあとは、博多と言えばの「博多らーめん」ですね!

締めのらーめんということで、これで九州一周旅行をしめましょー!

 

 

まとめ

ということで、5泊6日の九州一周旅行のモデルプランを書いてみました!

 

だいぶ詰め込んだので、きっつきつですが笑

よかったら参考にしてみてください!

 

じゃーまた!

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply