やることが多すぎてキャパオーバー気味のときの対処法!【5つの手順】

仕事テク

 

最近やることが多すぎてちょっと死んでたスイカです

 

なんかたまに、やることが多すぎてやばい!ってなることありません?

 

この時間でこの作業量はどう考えても無理でしょみたいな。

で、キャパオーバーして、パンクして、パニックになるみたいな。

 

今日はそんな人に向けて、やることが多すぎてどうしよーもないときの対処法を書いていこーとおもいます!

 

 

やることが多いときの対処法(5つの手順)

やること多すぎワロタでキャパオーバーしかけてるときは、まずはいったんこの手順を試してみてください!

 

1.やることを全部書き出す

まずはやることを全部書き出しましょー

書き出すのはノートでもパソコンのメモ帳でも何でもOKなんですけど、ぼくのおすすめはノートとか紙に書き出すということです。

 

何でかっていうと、パソコンとかに打ち込むより、ペンを持って紙に書くことで、自分の文字が目に入るので、やらなきゃいけないってことがより強く認識されたり、より記憶に残りやすいという理由です。

あとは、次の手順でやるときにやりやすいってこともあります。

 

ちなみにおすすめのノートは「モレスキン」か「MDノート」の無地のやつです↓

 

まーけどこれは好みによるとこも大きいと思うので、どっちでも大丈夫です!

 

2.優先順位をつける

やることを書き出せたら、そのやることに対して優先順位を付けていきます。

 

よくあるやり方は

  1. 重要でかつ緊急なこと
  2. 重要じゃないけど緊急なこと
  3. 緊急じゃないけど重要なこと
  4. 重要でもなく緊急でもないこと

の4つに分類するってことです

 

で、a→b→c→d」の順に進めていくってことですね。

 

あとけっこう重要なのが、やらなくていいこと(必要のないこと)を捨てるってことです。

 

たしか進撃の巨人のアルミンもこんなこと↓言ってましたよねー

何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人は、きっと…大事なものを捨てることができる人だ。何も捨てることができない人には何も変えることはできないだろう」

 

ハガレンの「等価交換の法則」も同じかもですね。

何かを得たいなら何かを捨てなきゃ

ってことすよね。

 

何かやるときは他のことはできないので、当たり前っちゃ当たり前ですね!

 

そんな感じでやることの優先順位を決めていきます!

 

3.スケジュールに落としこむ

で、やることが決まったら、それをスケジュールに落とし込んでいきます。

締め切りがあるなら、ちゃんどそのゴールから逆算して、今やるべきことを書き込んでいきましょー

 

4.やる

スケジュールに落とし込めたらあとは

やる!

だけです。

 

余計なことを考えないで、ただ思考停止して淡々とやればOKです。

他のことを考えると手が止まったり、効率が悪くなったりするので!

 

あとは、休憩もしないでやり続けるのも逆に、進まないってこともあるので、たまには休憩も取りつつやっていきましょー

 

休憩を取りつつのやり方は、ポモドーロテクニックがおすすめです。

この記事↓に書いてるのでよかったら!

「ポモドーロテクニック(25分集中+5分休憩)」がやばい!めっちゃ仕事捗る。【時間管理術】

 

5.たまに見直す(1~4を繰り返す)

あとはたまに今やってることを見返しつつ、定期的に1~4の手順を繰り返していけばOKです!

 

 

まとめ

ということで今日は、やることが多すぎて死にそうな人への処方箋でした!

けっこう当たり前っぽいことを書いちゃったかもですが、よかったら参考にしてみてください!

 

たぶん頭の中でごちゃごちゃ考えてるよりは、すぐに紙に書き出すってことをやったほうが、やることが明確になるので、色々進みが速くなると思いますよー!

 

今日はそんな感じですー

じゃあまた!

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply