インスタントラーメンを食べた後の胃の中の映像が衝撃的すぎる【食べ過ぎ注意】

ライフスタイル 豆知識

 

月曜日ですねー

相変わらず憂鬱すぎますが、平日サラリーマンの人は今週行ったら3連休が待ってるので、がんばりましょー。

 

さてさて。

昨日こんなツイートをしました↓

 

インスタントラーメン。

めちゃうまでした笑

 

僕はこのシーフードヌードルが一番好きなんですけど、最近はかなりいろんな種類のやつがありますよねー

あと、インスタントラーメン専門店というお店もあるみたいですしね。

 

そんな感じのインスタントラーメンなんですけど、

「インスタントラーメンって結局体にいいの?」

ってことが気になったので、調べてみたらだいぶ衝撃的な映像を発見したので、共有しようと思います。

 

 

インスタントラーメンの3つの問題

ということで、

インスタントラーメンを食べるとどうなるのか。

大きく分けて3つの問題があるそうです。

 

順番に書いていきますね!

 

1.「添加物の多さ」問題

まず1つ目は

添加物の多さ

です。

 

これはたぶんほとんどの人がの人が思いつくやつですよね。

 

で、大抵のインスタントラーメンには約10種類以上の添加物が使用されています。

例えば、L-グルタミン酸Naといううま味を引き出す調味料があるみたいなんですけど、この物質が体内に入ると人によっては身体が熱くなったり、しびれを感じることがあるそうです。

こわー。

 

2.「過酸化脂質」問題

2つ目。

インスタントラーメンは揚げる時に油を使うので、過酸化脂質という物質が生成されます。

これが身体にとって有害で胃痛や下痢を引き起こすことがあるそうで、この物質は時間が経てば経つほど増えていきます。

 

ちなみに、過酸化脂質を一定量ネズミに与えると死んでしまうそうです。

こわすぎる。。

 

3.「カップ容器」問題

3つ目は、カップラーメンの容器に問題があります。

その容器が発泡スチロールのカップだと、熱いお湯を注いだときに微量ですけど、発がん性物質であるスチレンが溶け出すみたいです。

がんってこわいですね・・

 

 

胃の中の映像【衝撃です】

ということで、こわすぎる3つの問題を挙げましたが、インスタントラーメンを食べたとき、胃の中はどうなっているのでしょうか?

というのがこの記事のキモも部分!!

 

アメリカのテレビで放送された内容です。

その衝撃の映像がこちら↓

出典 https://www.youtube.com/watch?v=IQlNv2Au-Lg

 

やばくないですか、、?

 

消化されない!

映像の中には、加工食品のインスタントラーメン(左・PROCESSED)と手作りされたヌードル(右・FRESH)が出てきます。

 

20分後。。

 

手作りされたヌードルの方は大方消化され、一方のインスタントラーメン完全に原型を留めています。

 

さらに2時間後。。

 

手作りヌードルは完全に消化されました。

しかし、インスタントラーメンは20分後と殆ど変わらずに存在しています。

 

まとめ

上の映像に使われているインスタントラーメンは、アメリカで売っている商品で、こんなにまで消化が遅れているのは、その中に入っているTBHQという食品添加物が原因だそうです。

今はもう、日本で売っている商品にはこのTBHQは入っていないようですが過去に何件か摘発された商品ももあるようです。

 

ただもしかしたら、その添加物が入っていないとも限らないし、わからないものを食べるというのは、かなり危険なことだと思うので、もし健康に気を使っている人は、あまり食べすぎないほうがいいかもです!

 

たまに食べるくらいがちょうどいいかもですね!

あと、海外に行った際はご注意を!

 

じゃあまた!

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply