「やって後悔」VS「やらないで後悔」の対決【納得できる決断を】

メンタル

 

「人生で後悔したことはなんですか?」

という質問で、トップに上がってくる回答って

「チャレンジ(挑戦)しなかったこと」

みたいなんですよね。

 

これって生きていたらけっこう思い当たる節ってあると思います。

 

例えば

  • もっと勉強しておけばよかった
  • もっと遊んでおけばよかった
  • あの子に告白しておけばよかった
  • 親にありがとうと言っておけばよかった
  • 好きなことをやればよかった
  • 嫌なことは嫌と言えばよかった
  • 人の目を気にしなければよかった

とか、たぶん後悔してることって人によってほんと色々ありますよね。

 

けど、こーゆうのって、全部言い方がちょっと違うだけで、まとめると「挑戦しなかったこと」になると思います。

てことは、僕たちはみんなやらなかったこと(挑戦しなかったこと)で後悔をしてるっぽいです。

 

なら、やればいいじゃんってことなんですけど、「そう簡単にできないから困ってる」みたいなところもありますよね。

 

挑戦(チャレンジ)できない理由

で、なんでできないかっていう理由は、大きく分けて3つあるんじゃないかなーとおもいます。

 

それがこれで↓

  1. 人の目を気にしている
  2. お金がない
  3. 肉体的な限界・物理的にむり

この中でも一番大きな理由は1だと思うんですよね〜

たぶんそこに行き着く。

 

これは「嫌われる勇気」で有名なアドラーも言ってましたけど

「人間の悩みの9割は人間関係に行き着く」

ってやつです。

 

例えば、「会社をやめて自由に生きたい」という目標(やりたいこと)があった時に、できない理由として思いつくのが

  • お金が入ってこなくなるのが心配
  • 会社をやめて生きていけるのか不安
  • 家族が反対する
  • 親に心配される
  • 子供がいる
  • 会社をやめると周りに迷惑をかける
  • 上司に言えない
  • 年齢的に厳しい
  • 今の会社のブランドを捨てるのはもったいない
  • 周りの友達とかの目が気になる
  • やり方がわからない

とか色々ありますよね。

 

けど、これって一個一個考えてみると、

  • 「お金が入ってこなくなるのが心配」→稼ぎ方はいくらでもある(最悪、生活保護もある)→稼ぎ方を気にしている→周りの目を気になる
  • 「会社をやめて生きていけるのか不安」→会社からお金を得ることだけ人生じゃない→実家に帰って親に頼ったっていいし、誰かの家に居候してもいい→会社を辞めた自分がどう思われているかを気にしてる
  • 「家族が反対する」→家族の人生じゃなくて自分の人生→そこまで気にする必要なし
  • 「親に心配される」→親の意見で自分のやりたいことができないのはもったいない→親はやりたいことができない言い訳の道具じゃない
  • 「子供がいる」→責任はあるかもだけど、できない理由にはならない→子どもの目や周りのことを気にしている
  • 「会社をやめると周りに迷惑をかける」→会社は1人いなくなっても普通に回るという仕組みができている→気にしすぎの可能性あり
  • 「上司に言えない」→上司(というか周りの人)は案外気にしてない→気にせず言おう
  • 「年齢的に厳しい」→年齢はあんまり関係ない→厳しかったら周りの誰かに手伝ってもらえばOK
  • 「今の会社のブランドを捨てるのはもったいない」→完全に回りの目を気にしてる→もし足かせになっているなら思い切って捨ててみよー
  • 「周りの友達とかの目が気になる」→みんな自分のことで精一杯→気にしすぎないで大丈夫
  • 「やり方がわからない」→勉強しよう→人に聞こう→やってみよう

みたいな感じで、最終的には、人間関係の悩みに行き着いたりします。

ここがけっこうめんどくさいところだと思うんですけど、もしやりたいことがあるなら、もう思い切って突き進んだほうがいいかなーって思います。

 

 

大切なことは大切なものを大切にすること

で、ちょっと話がずれるかもですが、僕たちにとって大切なことは

「自分にとって大切なことを大切にすること」

ってことかなーって思います。

 

たぶんみんな、自分のなかに大切なものってあると思うんですけど、これって普通に生きていたら、けっこうわかんなくなってきたりします。

 

メディアでは色んな情報が飛び回っていて、色んな人が色んなことを言ってる。

どれが正しく聞こえるし、どれが本当に正しくて、どれがそうじゃないのかって頭が混乱したり。。

日々の業務に追われて何も考えられなくなることだってある。

さらには周りの人に影響をされてしまったり・・

 

なので、自分の軸っていうのが本当に大事だし、誰を信じるべきか、どの情報を信頼していけばいいのか、何をどう判断すればいいのかということを、しっかり自分の頭で考えることが大切かなーとおもいます。

 

人の目を気にしないでいこー

で、そこで1個ネックになってくるのが、さっきもちらっと書いた”周りの目線”です。

これがちょっとやっかい。。

 

色んな活躍している人だったり、歴史上の偉人だったり、有名な小説や漫画ではこんなことを言います。

「人の目を気にするな」

と。

 

けど、これってけっこう難しかったりしますよね。

「わかってるけど、〇〇があるし、そうは言っても。。」

ってやつです。

 

〇〇には、それぞれ色んな理由だったり、事情だったりがあると思うし、どうしても無理ってこともあるかもしれないです。

 

けど、僕は、もし何か実現したいことがあって、本当にそういう理想としてい姿になりたかったら、そこは頑張って無理をしてでも、

「人の目を気にしないでやってみよー」

って言いたいです。

 

これは、周りからのアドバイスだったり意見だったりを全部完全に無視しろって話ではなくて、自分の理想像・なりたい姿・目標としているものと照らし合わせて、もしそれが必要なかったら思い切って捨てて進んでいこーって感じです。

 

たぶんですけど、うまくいってないときって、人の目を気にしすぎて、自分の思うようにやれてなかったり、言いたいことが言えなかったり、ってことがけっこうあると思います。

 

なので、そこは思い切って

『人の目を気にしないていこー』

です。

 

まとめ

という感じで、色々書いてきてちょっと脱線した感もありますが

 

まとめると

「やるでもやらないでもどっちでもOKなので、自分のなかで納得のいく決断をしていこー」

ってことですかね〜

 

ただ個人的には迷ったらやっちゃったこうがいいかなって思います。

あとになって

「あの時やっておけばよかった・・」

ってなるよりは

「頑張ってやってできなかったならしょうがないな」

みたいになったほうが気持ち的にはスッキリするし、いいと思うので。

 

といい感じで、みんな色々あると思いますが、あんまり気負いすぎず、力抜いてがんばっていきましょー

じゃあまた!

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply