やらされているので自分は悪くないという思考はまじで捨てるべきと言う話【自己責任で生きよう】

メンタル 仕事テク 働き方

 

今日はちょっと耳が痛いような話をしてみよーと思います。

 

日々暮らしていると、本当に色んなことがありますよね。

例えば、仕事で言うと本当に自分がやりたくないことを、仕事だからという理由でやらなくちゃいけなかったり。

 

特にサラリーマンだとそーいうことがよくあると思います。

予期しないで、突然仕事を振られて、断れずに、仕方なくやるみたいな。

で、やらされている感満載で、言われるがままに、仕事をただこなすようになって、毎日を悶々としながら、平日は早く終われーとか思って、休日を目指すっていう。。

 

そんな生活を僕はずっと送っていたんですけど、途中で思いました。

「自分キモいな」

って…

 

なんでかっていうと、やらされている(と思っている)仕事って、実際は(程度の差はあれ)自分からやっているからです。

こんなこと普通にやっている人からすると当たり前のことかもですけど、自分が今やっていることって、完全に自分の選択の結果なんですよね。

 

それなのに

「うわーこれやらされてるわーやる気でないわー」

とかいうクソみたいな思考をしてたわけです。

 

さっきの例で言うと、上司とかから仕事を振られても、厳しいのはもちろんわかるんですけど”断る”という選択はできるはず。

けど、”はいやります”と言っちゃったのは、残念ですけど完全に自分で、自分からやっているってことなんですよね。

 

なら、やらされてるって思って「自分は悪くない」みたいに思うのはあんまりよくないんじゃないかなーって思います。

ということで、今日はそのやらされてる感をなくしたほうがいいよ!って話をしようと思います!

自戒を込めて。

 

ちなみに、突然振られた仕事をうまくかわす方法については、現役サラリーマンYouTuberサラタメさんがうまくまとめてくれています。

この動画です↓よかったら!

 

 

自責思考と他責思考の話。

まずは自責思考と他責思考の話をしてみようと思います。

 

自責思考とは?

自責思考は、今やっていることや行動した結果の責任は自分にあると思う思考のことです。

さっきの仕事の例でいうと、自分が仕事を振られたのは

  • 自分がその仕事をやると決めたから、責任は自分にある
  • 自分がそこにいたから、責任は自分にある
  • 自分が会社に入ったから、責任は自分にある

みたいな感じです。

 

他責思考とは?

他責思考は、今やっていることや行動した結果の責任は、自分以外の誰かにあると思う思考のことです。

同じようにさっきの仕事の例でいうと、自分が仕事を振られたのは

  • その仕事を振ってきたのは上司だから、責任は上司にある
  • 自分がそこにいたのはたまたまだから、タイミングが悪い
  • 自分が会社に入ったのは会社が雇ってくれたからで、責任は雇った会社にある

みたいな感じです。

 

他責思考はまじでやめたほうがいい

で、ここまで読んでくれた人ならもう言うまでもないかもですけど、他責思考っていうのは、やめたほうがいいと思います。

正直あんまりメリットが少ないです。

 

他責思考は被害者意識を生む

他責思考は、基本的に

「悪いのはあの人で、自分は悪くない」

みたいな思考なので、被害者意識を生んじゃいます。

 

被害者になっちゃうと、自分が成長をする機会を失います。

これが本当にもったいないことで、なんでかっていうと、自分は悪くないと思っているので、それを改善しようとか、新しく何かをできるようになろうみたいには思いづらいからです。

 

そうすると、なにも変わらずに年をとるだけで、あんまり価値が高くない人になっちゃう可能性があります。

せっかくなら価値をあげて役に立てるような人になりたいですよねー

 

愚痴はほんとに時間の無駄

あとは、他責思考は責任を誰かのせいにするってことなので、愚痴っぽくなっちゃたりもします。

 

たぶん周りに愚痴を言ってる人とかいるかもですけど、正直あんまり近づきたくないですよね。

あとは愚痴っぽい人って付いて行こうとは思えないし、尊敬もしづらい。

 

なので、他責思考とか愚痴をよく言っていると、自分に付いてくるのは「類友の法則」で同じような人が集まってきちゃいます。

 

そうすると傷を舐め合っているだけで、新しく何かのスキルをつける機会を失って、同じような毎日が続いちゃいます。

けど、愚痴を言っている時間をなくせば、その分の時間でなにかのスキルを身につけられれば、圧倒的に他の人と差をつけられるし、周りにいい影響を与えられるようになったりします。

 

完全に自責思考で生きよう

はい、そんな感じで他責思考はあんまりよくないってことがわかってきたと思います。

もしかしたら他責思考で一瞬は楽になるかもですけど、それは対処療法ってやつで、根本が解決しないので、それがずっと続く感じになります。

なので、僕は完全に自己責任を推奨します!

 

自己責任でいるとストレスフリーになる

自己責任でいるメリットは何かっていうと

ストレスがなくなる

ってことです。

 

なんでかって言うと、自己責任は誰かに期待をしないことに繋がるからで、ストレスというのは、ほぼ9割が人間関係によるっていうのはよく言われていることだと思うんですけど、その人間関係のストレスは、”期待”によって生まれます。

他責思考は「誰かが○○してくれる」ということを期待していて、その期待が思うようにいかなかったら、自分の思っていたものとの乖離でストレスになるって感じです。

けど逆に、自責だと自分1人で解決をして、自分以外の人間関係を挟まないので、ストレスはかかりづらくなります。

 

詳しくはこの記事↓に書いてるので、よかったら!

ストレスを減らす方法はこれだー【ちょっとマッチョかもな作戦】

 

自己責任でいると成長が加速する

あとは、自己責任でいると成長が加速します。

これもさっきちらっと書いたとおりなんですけど、例えば何かで成果を出したくて、色々頑張ってた。けど何も成果がでないとき、

  • 自責→成果がでなかったのは自分の責任、成果を出すためにもっと試行錯誤をする
  • 他責→成果が出なかったのは、教えてくれた人が下手だったから、情報がおかしかったから、悪いのは自分じゃない。試行錯誤をしない。

みたいな感じになるので、他責が答えを誰かに求めて思考停止しているときに、自責の人は自分なりに成果が出なかった原因を分析して、仮説を立てて、さらに実践しようとします。

なので、他責思考の人よりは、自然と成長が加速していきます。

これでたぶん気づかないうちに圧倒的な差が開いてるんじゃないかなーと思います。

 

まとめ

という感じで、ちょっと脱線したかもですが、まとめると

やらされていると思っているのは勘違いで、

それは周りにも自分にもいい影響を与えない

けど、自分から自己責任で主体的に動いて行けば、

成長が加速して、圧倒的な成果につながる

ってことですかねー

 

とにかく、人生は自分の選択の連続なので、他人にせいにしないで、自分の意思で切り開いていきましょー

そっちのほうが間違いなくかっこいいです!

 

じゃあまた!

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply