時間が欲しかったので短眠方法を実践してみたら意外とできたのでやり方を共有するわ

メンタル ライフスタイル

 

やっぱ思うんですけど、時間ってめちゃめちゃ重要ですよね。

時間があればあるほど、有利というかできることが増える。

なので、だいじ。

ってことはみんな当たり前に思ってることだと思うんですけど、時間って有限なので、どうにか伸ばせないかな〜とか、時間を捻出できないかな〜って思ってる人も多いと思います。

 

僕もこれはずっと思ってて。

とにかく時間が欲しい。

本をめちゃめちゃ読みたいし、色んな映画だって見たいし、もっと旅をしたいし、お金も稼ぎたいし、ブログだって書きたいし、やったことのないこともやってみたい。

なので、なんとか時間を増やせないかなーと。

 

で、やってみよーと思ったのが「短眠」です。

 

短眠をする方法

短眠って、偉人とか有名人とかで実践してる(た)人って多いですよね。

偉人で言うと、ナポレオン、エジソン、モーツァルト、レオナルド・ダ・ヴィンチ、野口英世…

有名人だと、明石家さんま、武井壮、Gackt、尾田栄一郎

などなど。

 

実際はほんとかどうかはわからないですけど、結果を残してる人がやってるってことは、何かしら意図というかいいことがありそうですよね。

 

ということもあったのと、単純に時間がほしかったので、やってみることにしました。

(僕はバカなので、よさそうなことはまず試してみるタイプです笑)

 

そしたら、意外とあっさりできるようになったので、やり方を共有してみよーと思います。

 

①ストレスをなくす

まず、めちゃめちゃ重要なのがストレスをなくすということです。

メンタルってやっぱり重要で、メンタル的な心配があると短眠もなかなかできなかったりします。

 

僕は短眠をずーっとやってみたいなというか、できる人めっちゃ羨ましいなー思ってたんですけど、ずっとできていませんでした。

たぶんこれは、メンタルが原因だったんじゃないかなって思います。

 

というのも、少し前までサラリーマンをやっていて、けっこうメンタルがやられていました。

あと会社とかだと「始業時刻が決まっているから、遅刻したらやばいな」とか「短眠にして、業務中に眠くなったらやばいな」とか思ったりすると、メンタル的な不安があるので、しっかり寝ないとまずいかなと思ったりで、うまく睡眠(短眠)ができませんでした。

 

逆に今はそういったストレスがない生活をできているので、かなり快眠ができるようになりました。

なので、まずはメンタルのコンディションを整えることが大切です。

 

ストレスを減らす方法はこちらに書いてます↓

ストレスを減らす方法はこれだー【ちょっとマッチョかもな作戦】

 

②短眠を試してみる

ストレスを小さくできたら、短眠を試してみましょー。

もしかしたらいきなり、短くするのは難しいと思うので、まずはいつもの睡眠時間より、30分とか1時間くらいを減らしてみるとかからでもいいと思います。

で、慣れてきたら理想の睡眠時間(3時間?4時間?)まで短くしてみるでいいと思います。

 

ここで大事なことはあんまり、ネットとかテレビで言われている色んな情報に惑わされないことです。

短眠は体に悪いとか、寿命が短くなるとか、体に良い時間は6時間とか色々ありますけど、これはたぶん人によって違うので、まずは自分で試してみるってことが大切だと思います。

試してみてダメだったらやめればOKなので。

 

③短眠を続ける→慣れる

で、短い時間で起きれる感覚ができたら、あとは何日か続けるだけです。

個人的には1週間もできたら、もう余裕だなって感じになって慣れます。

 

大事なのは続けることですね。

これもたぶん筋トレと同じで、最初はしんどくて睡眠痛(実際はないけど筋肉痛みたいなイメージ)みたいな眠気があるけど、慣れていきます。

何日か頑張ってみましょー!

 

 

まとめ

ということで、今日は短眠方法について書いてみました。

もう一回最後にまとめると

  1. ストレスをなくす
  2. 短眠を試してみる
  3. 短眠を続けてみる

って感じです。

 

最初はきついかもですが、短眠をできるようになると、色んなことがさらにできるようになるので、最高ですよー!

 

もし気になる人はやってみてください!

あ、無理だけは禁物で!

 

じゃあまた〜

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply