『Kindle Unlimited』月額980円で130万冊以上の本が読み放題!

ライフスタイル

 

Kindle Unlimited

という最強な本読み放題サービスを

1か月間使ってみたので

その感想とメリット、デメリットなどを

書いていこうと思います。

 

『Kindle Unlimited』とは?

「Kindle Unlimited」は、2016年8月3日に開始された本の読み放題サービスです。

 

読める本のジャンルも多様で、小説、ビジネス書、語学から漫画、写真集まで、本屋に置いてある本のジャンルはほぼあります。

 

総数13万冊以上!

和書12万冊以上、洋書120万冊以上あります

 

130万冊って多いのかと思って、大型書店の蔵書数を調べてみたら

丸善丸の内本店は約110万冊

丸善ジュンク堂渋谷店130万冊

 

という感じで、大型書店と同じくらいあるんです!

 

月額980円!

料金は月額980円で、登録から30日間は無料です。

この金額で13万冊以上を読み放題とか、もはや頭おかしいレベルです。

 

読める本には、通常価格だと980円以上する本がたくさんでもあるので、本を一冊に読むだけで余裕で元が取れてしまいます。

 

こんなことして、リアル書店は大丈夫なのかと、思ってしまうくらいな凄さです。

 

 

一度に読めるのは10冊まで。

ただ、このKindle Unlimitedで本を読むには、マイブックという端末上の自分の本棚に登録する必要があるのですが、一度にマイブックに登録できるのは10冊までです。

 

一見少ないように思うかもしれないですが、読みたいものだけ登録したり、10冊登録しても、読まないものはただ削除すればいいだけなので、正直そこまで不便なことはないです。

 

まとめ

月980円でこれだけの本が読めるとか、本当にありえないほど凄いサービスです。

 

そんな安いってことは、何かあるんじゃないのと思う人もいるかもしれませんが、多くの本はしっかり1冊全て読めます。

(中には、本の1章しか読めないとか、要約版しか読めないというものもいくつかはあります。)

 

強いてデメリットを挙げるとすれば、全く使っていないのに

以前に登録していることを忘れていた

とか

今月中に退会しようとしていたが、更新期間が過ぎてしまった

とかで

支払いが発生してしまうということくらいだと思います。

 

なので、1か月で本を2,3冊でも読むという人で、本を読むのにKindleでもいいという人は、登録しておいて本当に損はないとおもいます!

 

またねっ!

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply