【シンガポール】ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの室内植物園が新感覚だった【kkday】

海外旅行

 

シンガポール旅行で「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」に行ってみました。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」って名前を聞いたことがある人は少ないかもですけど、写真を見たら「あれかー!」って思う人が多いんじゃないかと思います。

 

今回はこの「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の中でもメインのアトラクションである

  • フラワードーム
  • クラウドフォレスト

をオプショナルツアーを提供しているkkdayさんから体験させていただけることになったので、この2つに行ってみた感想とかを書いていこうと思います。

 

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行ってみた

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」はこういうの↑があるシンガポールの名所ですね!

その中で僕が今回行ったのが「フラワードーム」と「クラウドフォレスト」というアトラクションです。

どっちも室内にある植物園です。

 

フラワードーム

まずはフラワードームから!

まず入口はこんな感じ。

入るとこんな花のパネルがありました。

そしてここを抜けると・・

こんな感じの開放的な場所に出ました。

室内なのにすごい明るくて、外にいるような気分になりました。

けど、やっぱり室内なのでめちゃ涼しいです。

花のアーチ。

綺麗ですね〜

 

途中には

ちょっといい感じの小屋?だったり

カフェもありました。

 

あとは木とかで作られた動物の置物が多かったですね〜

鹿↑

ドラゴン↑

ぷーさん?

なぜか胴体だけの人間も・・

 

ここまでが1Fです。

 

2Fはサボテンエリアでした。

見渡す限りいろんなサボテンがありました。

大きいサボテンから

ちょっと太ったサボテンから

砂漠にありそうなサボテンから

ちっちゃいサボテンまで。

もっとちっちゃくて綺麗なサボテンもありました。

 

 

クラウドフォレスト

続いて「クラウドフォレスト」。

フラワードームの出口からすぐ近くにあります。

 

まず入口を入ると・・

このめちゃ大きい滝がお待ちかね!

近くまで行くとめっちゃ迫力があります。

歩いていくと、こんな植物との撮影スポットがあったりしました。

で、上に登って行くと、

「The Lost World」という看板が。

失われた世界。。

 

気になったので、その世界に入ってみると、、

意外と平和な世界でした。

ラフレシアっぽいのがあったり、

トンボが飛んでいました。

で、ロストワールドが一番最上階なので、そこから下っていきます。

すると見えてくるのが・・

「Cloud Walk」

大きな滝の周りをぐるーっとできる空中回路みたいな感じです。

ずーっと歩けます。

そして、また下って行くと

「Waterfall View」が見えてきます。

ここは真近で滝が見える場所です。

綺麗です。

さらに下ると、

鍾乳洞のコーナー。

そして同じフロアに

「Tree Top Walk」という通路がまたあります。

さっきの「Cloud Walk」とおんなじ感じで、ここは下りはなく平面をぐるーっと歩く感じです。

 

そしてさらに下って行くと

植物園っぽい綺麗な風景があって

ラストはカタツムリが出迎えてくれて締めくくりでした。

 

 

まとめ

ということで、今回は「ガーデン・バイ・ザ・ベイ」の「フラワードーム」と「クラウドフォレスト」に行ってみた話でした。

どっちもなんか味わったことのないような新感覚でした。

シンガポールに行ったら行ってみるといいかもです。

 

ちなみに僕は今回「kkday」の【シンガポールの植物園】ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 入場チケットという商品を使ってを体験してみました。

シンガポール現地に行ってから、この2つのチケットを買うと2000円超えてきてちょっと高いので、kkdayを使って買うと少しお得に体験できるので、行く予定のある人は使ってみるといいかもです。

 

そんな感じです。

じゃあまた!

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply