【実体験】急激なアクセスはないのに503エラーが起きた原因と対処法を書いていく!

ブログ運営

 

今日503エラーが発生して、ついさっき解消しました。

 

503エラーが出ると絶望しますよね。。

せっかく頑張って作ったサイトにアクセスが来なくなる。

収益を得る機会損失にもなりますもんね。

 

ということで、今回は503エラーが出たときの対処法を書いていこうと思います。

 

僕の実体験を元に書いていくので、もし当てはまりそうな人がいれば参考にしてみてください。

 

「503エラー」とは?

「503エラー」はざっくり言うと

ブログへのアクセスが瞬間的に増えてしまったことが原因で、他の人にちょっと迷惑がかかるかもだから、ブログに入れる人数をいったん規制するわー

というサーバー側の防衛システムのことです。

 

503 Service Unavailable

Service Temporarily Unavailable

などのエラーメッセージ出てくるのが503エラーです。

 

 

503エラーの対処法

ここからは503エラーが出てしまったときに僕が実際にやったことを書いていこうと思います。

 

まずは503エラーが出た原因を考えてみた

基本的に503エラーが起きたときって、アクセスが急激に増えたってことがほとんどの原因っぽいんですけど、僕の場合はとくにアクセスが増えたわけではありませんでした。

 

なので、直近でなにか変わったことがあったかな~っと思って思いついたのがこの2つです。

  • 海外からアクセスをしていた
  • プラグインを入れた(1ヶ月以上前)

たぶんこれくらい。

 

けど、プラグインを入れたのは1ヶ月以上前だったので、今になって影響があるってことは考えずらかったので、あるとしたら、海外からアクセスしてたので、これが関係してるのかな~と思いました。

 

ただ、とはいってもどうしていいかわからずだったので、

まずは「503エラー 対処法」とか「503エラー 原因」とかで調べてみたんですけど

該当することがなさそうだったのと、いまいちわからなかったので、専門家に聞いたほうが早いだろうということで、Xserverの人に聞いてみることにしました。

 

Xserverに問い合わせをしてみた

Xserverの問い合わせページから

  • 503エラーが起きている
  • ワードプレスへのログインができない

という旨を添えて、原因と解決方法がもしわかれば教えてほしいというメールをしてみました。

そしたら1時間くらいで、こんな回答が返ってきました。

 

503エラーが起きた原因

当サポート側にてエラーログを確認いたしましたところ、
Xアクセラレータ Ver.2」が影響して503エラーが発生している可能性がございました。

このため、「Xアクセラレータ Ver.1」としていただいた上で
挙動が改善されるかどうか、様子をみていただけますでしょうか。

お手数ではございますが、上記につきまして
お試しくださいますようお願いいたします。

 

まさかの「Xアクセラレータ」が原因でした。

そういえばサイト高速化のために1ヶ月以上前に「Ver.1」から「Ver.2」変更していました。

 

これが今になって503エラーに関係してくるとは。。

まさかでした。

 

503エラー復旧

ということで「Xアクセラレータ」の設定を「Ver.2」から「Ver.1」に戻しました。

そしたらすぐ503エラーが解消されました。

ホッとしました。。

 

 

まとめ

ということで、今回は503エラーが起きた原因と対処法について書いてみました。

 

503エラーって基本的にはアクセスの増加によって起きるものなので、もしかしたら僕のケースは特殊かもしれないですが、もし同じような人がいたらやってみてください!

 

ちなみに、アクセスの急増が原因で503エラーが出た人で、もし安くて容量が小さいサーバーを使っている人は、XserverX10プランとかアクセス制限がかかりづらいサーバーにしてみるといいと思います。

 

このエラーが出ると本当にもったいないというか、機会損失になるので、気づいた瞬間に対処していきましょー!

じゃあまた~

 



You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply